KUROKASHI-KOBO

BLOG

菊 (hrysanthemum)

菊の花言葉は

「高貴」「高潔」「高尚」、気高く気品に満ちたキクの花姿に由来するといわれます。

菊の名前は、「窮まる(きわまる)」がその語源となり、「一年の最後に咲く花」という意味であるともいわれます。

属名の学名「Chrysanthemum(クリサンセマム)」は、ギリシア語の「chrysos(黄金)」と「anthemon(花)」が語源になります。

日本では、皇室で菊の紋章を用いたのは後鳥羽上皇(1180~1239)が最初といわれます。

後鳥羽上皇はことのほか菊を好まれ、衣服や調度品に菊の文様を使用し、自らのお印として愛用されました。

その後、後深草天皇、亀山天皇、後宇多天皇も自らのお印として継承されたことにより、菊花紋章(十六八重表菊)が皇室の紋とされるようになりました。

和装の商品には 菊の柄をつかって表現したものがたくさんあります。弊社もたくさん『菊』をモチーフに作ったものがございます。

今日は菊柄モチーフの商品をご紹介します。

今 『新型コロナウイルス』の影響で新しい日常を考えていかなくてはいけません。

お客様とお会いし ベストな品をご提案できることが・・・と出会いを大切にして参りましたが

違った形でのご提案を考えてまいります。

まずは ネットショップでのご紹介を増やすことに取り組んでいます

今必要とするものを・・・とマスクに作っていただけそうな生地をご提案

👇

https://www.aturae.jp/categories/2310684

 

そして長時間使用時のマスク留めアクセサリーのご提案です。

👇

https://www.aturae.jp/items/28797331