KUROKASHI-KOBO

INTERIOR

シルク糸の光沢と金糸・銀糸の美しさと、
凹凸で表現できる光と影の美しさを融合。
最高のインテリアをご提案します。

日本の伝統的な職人技である『西陣織』『丹後ちりめん』『友禅』『刺繍』の技法を用い、従来制作する『着物』『帯』は和素材として 日本が誇る最高級の素材で制作・縫製しております。

黒香師工房では、着物デザイン 着物コーディネート 独自の着物パフォーマンス『着物着付けショー』開催の活動をしている 冨田伸明のデザインを生地制作しており 様々な活動に共に参加しております。

その技法の良さ、上品な高級感を演出できる素材であることをこちらでは、ご紹介します。

インテリア商材として一押しの商材『丹後ちりめん金銀通し』

地模様として 金糸 銀色で柄を織り成し 織りあげた生地白生地は 使用する場所に合わせた色を選び満足いただける雰囲気つくりのお手伝いをします。
また、柄選びもできますし、オリジナル柄を制作することも可能です。
生地をインテリアとして演出するために、KUROKASHIではシルク糸 金糸 銀糸の糸の光沢と織りなすテクニックをボードとしてご提案したものも上品で美しさを演出しますが さらに凹凸のあるボードに表具師の職人技により生地をはり、 高級感あふれるインテリアのひとつになっております。

他 取り扱っている素材

『西陣織』

能・狂言・歌舞伎衣装の素材である織物 正倉院裂・古代裂・名物裂といった古い「裂」を復元して織った珍しい柄や模様など 帯として制作する生地はもちろんですが 歴史ある職人の方々とのチームで提案 開発をチャレンジします。

『友禅染』

着物を制作する加工技術には、色を染めた生地の上に柄の型をおいていき染めていく。
板場京友禅の技法があります、着物は何枚もの型を重ねて柄を表現し、着物を作りあげていますが、KUROKASHIではインテリアとして ひとつの柄を一色で表現し 和柄でありながら モダンを演出するアイテムと提案します。

『絽・紗の生地』

夏物の着物として 使用する素材である『絽』『紗』の織り方で仕上がった特別な生地素材は インテリアとして照明器具や透け感ボードなど 光や影をさらにきれいに表現できる素材です。

KUROKASHIでは、シルク(絹)を主に 用途により様々な生地素材のご提案をさせていただきます。